【一般道で輝ける720ps】フェラーリF8トリブート・スパイダーへ英国試乗

公開 : 2020.07.05 10:20

フェラーリ製V8エンジンを間近に体験できる、F8トリブート・スパイダーが登場。クーペと比べるとボディ剛性は若干落ちるものの、得られる充足感ではライバルモデルを凌ぐとする英国編集部。英国の一般道で評価しました。

もくじ

フォールディング・ルーフが生む剛性の違い
一般道で輝くF8トリブート・スパイダー
人生をより良く楽しくしてくれる
ライバルを凌ぐフェラーリのバランス
フェラーリF8トリブート・スパイダー(英国仕様)のスペック

フォールディング・ルーフが生む剛性の違い

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
サーキットでも、テストコースでもない、公に開かれた道。屋根のない720psのスーパーカーが、路肩に止まっている。フェラーリからは、屋根を閉じないように指示を受けた。

もし雨が降ってきても、屋根を開いたままスピードを上げて対処して欲しい、と。もっとも、この快晴では霧雨の心配すらなさそうだ。

フェラーリF8トリブート・スパイダー(英国仕様)
フェラーリF8トリブート・スパイダー(英国仕様)

ロックダウンの影響で、筆者はすでに3か月ほど床屋へ行っていない。長時間オープンのまま走るのには、少し気が引けてしまう。

今回ステアリングホイールを握るのは、フェラーリF8トリブート・スパイダー。髪がボサボサでも、断る理由は見つからない。

F8トリブート・スパイダーも、クーペと同様、基本的にアルミニウム製のプラットフォームで構成されている。ライバルモデルとなるマクラーレン720Sスパイダーより、剛性では若干劣る様子。

ご存知の通り、720Sスパイダーはカーボンファイバー製のタブ構造を持つ。ちなみに先日、マクラーレン720Sル・マンという限定仕様が発表されている。そちらも楽しみだ。

走行中でも、45km/hまで作動できる電動フォールディング・ルーフを下げると、剛性がわずかに落ちることがわかる。大きな起伏を越えると、小さな振動を感じる。

深刻なレベルではない。でも、しっかり感じ取れる。ルーフを閉じれば、振動も消える。

一般道で輝くF8トリブート・スパイダー

クーペからスパイダーになったことで感じる違いは、その程度。複雑なフォールディング・ルーフのメカニズムを搭載し、スパイダーは70kg車重が増えている。しかし、直接乗り比べてみなければ、走りの変化は気づかないだろう。

搭載されるエンジンは、3.9LのV型8気筒ツインターボ。多くの賞を受賞している名ユニットで、フェラーリはその功績にちなんで、トリブートというモデル名を与えた。

フェラーリF8トリブート・スパイダー(英国仕様)
フェラーリF8トリブート・スパイダー(英国仕様)

最高出力は720ps、最大トルクは78.3kg-mもある。どんな速度でも、何速に入っていても、路上でのレスポンスは鋭い。

多くのF8トリブートは、スパイダーであれクーペであれ、ほとんどの時間を一般道で過ごすはず。複雑なシステムと秀でた性能を備える、こんなスポーツカーの場合、一般道でドライバーを幸せにしてくれるかどうかが重要だといえる。

ステアリングホイールには、例によってマネッティーノ・スイッチがある。ドライビング・モードはレースだけでなく、電子制御のアシストが消えるオールオフも選べる。

トラクション・コントロールはe-ディファレンシャルやABSと連携し、サイドスリップ量を制御。サーキットでヒーローになれる精密マシンでありながら、派手なタイヤスモークを立ち上げることもいとわない。

ルーフを開いていても閉じていても、50km/hでも110km/hでも関係はない。F8トリブートは一般道で輝いている。

 
最新試乗記