堀場製作所が買収 トップギアのテストコース なぜ? 中では何が? 現地ルポ 前編

2019.09.21

100字サマリー

2015年に日本の堀場製作所が買収したMIRAを訪問しました。かつては必要なインフラ整備費用にも事欠く状態だった英国が誇るこの自動車の研究開発センターですが、いまでは十分な投資を受け、未来のモータリゼーションづくりに欠かせない存在となっているようです。

もくじ

MIRAとは? 元英国空軍基地
相応しい買い手 多くの価値
技術開発とテクノロジーパーク
真の能力 ポジティブな影響

MIRAとは? 元英国空軍基地

text:Matt Prior(マット・プライヤー)

MIRAのことをミッドランズにある単なるテストコースだと思っているのは、決してあなたひとりではない。

2015年、日本の堀場製作所がこのヌニートンの企業を買収したとき、英紙テレグラフはMIRAのことを、「トップギアやフィフスギアといった自動車番組の撮影場所でもあるテストコースと開発センター」だと紹介していた。

エンジンテストの様子はあらゆる角度からモニターされている。
エンジンテストの様子はあらゆる角度からモニターされている。

こうした有名なテストコースは、英国空軍リンドリ―基地が英国政府の研究機関であるMIRA(Motor Industry Research Association)として生まれ変わった1948年に、滑走路と誘導路上に設置されたものだ。

当時、オープンセレモニーのためにやってきたオースチン社の会長は、MIRA責任者のアルバート・フォッグ博士がテープを爆破して粉々にするつもりであることを知らずに、テープカット用の特別なハサミまで持参していた。

当時のMIRAにはわずかな数の滑走路と誘導路、それにコントロールタワーと格納庫がひとつずつあるだけだった。

英国版Autocarが頻繁にパフォーマンステストを行うため、12年ほど前からMIRAに通い始めているが、当時テストコースを使用するための手続きはまだコントロールタワーの1階で行っており、タワー屋上のガラス張りの監視台はスタッフが温室として使っていたに違いない。

 
最新海外ニュース