フェラーリSF90ストラダーレとは 初のPHEV、詳細解説 サイズ/スペックは?

2019.10.09

100字サマリー

フェラーリSF90ストラダーレ。跳ね馬初のPHEVを、詳しく解説します。780psのエンジンに、モーター3基。システム出力は1000psを実現。内外装、空力、スペックを紹介します。

もくじ

はじめに
外観
ボディサイズは?
エアロダイナミクス
内装
シフトセレクター
シャシー
サスペンション
パワートレイン
ハイブリッド・システム
装備
アセット・フィオラーノ・パッケージ
スペック

はじめに

text:Kazuhide Ueno(上野和秀)
photo:Ferrari S.p.A

フェラーリから発表された「SF90ストラダーレ」は、跳ね馬の歴史上初となるプラグイン・ハイブリッド・エレクトリック・ビークル(PHEV)で、最もパワフルで俊足な市販ロードカーである。

308GTB以来の長い歴史を持つ8気筒ミドシップ・ベルリネッタの後継車ではなく、ラ フェラーリに代表されるプレミアム・モデルとの間に位置する新たな高性能車レンジを担当するモデルとなる。

フェラーリSF90ストラダーレ
フェラーリSF90ストラダーレ

モデル名の「SF90ストラダーレ」は、2019年シーズンのF1グランプリに参戦するF1マシンSF90の名を受け継ぎ、イタリア語でロードカーを意味するストラダーレを組み合わせたもの。

SF90ストラダーレ最大の特徴はフェラーリ初となるプラグイン・ハイブリッド・システムを採用し、8気筒ミドシップ市販車で初となる4WDを備えることにある。

ミドに搭載される3.9L V8ターボ・エンジンはフェラーリ8気筒モデル史上最高となる780psを発揮し、ここに3基のモーターによる220psが加わり、トータルの最高出力はフェラーリのロードカーとして最大となる1000psにも達する。

PHEVであることに加え、そのハイパワーを確実に路面に伝えるために、最新の電子制御によりエンジンとモーターを統括的に制御して4輪を駆動するもので、挙動も検知してアシストすることにより、限界域でのドライビングが安全に楽しめる。

 
最新海外ニュース