フェラーリSF90ストラダーレとは 初のPHEV、詳細解説 サイズ/スペックは?

公開 : 2019.10.09 06:50  更新 : 2021.10.11 09:25

内装

インテリアのデザインは刷新され、インターフェイスを重視した航空機のようなラップアラウンド・コクピットをテーマに開発され、今後登場するフェラーリの全ラインナップに引き継がれるという。

またヘッド・アップ・ディスプレイが初採用され、さまざまなデータをドライバー正面のフロントガラスに映し出し視認性を高めている。

フェラーリSF90ストラダーレ
フェラーリSF90ストラダーレ

フェラーリとして初めてディスプレイは16インチのデジタルHD画面が採用され、見やすさを考慮してドライバーに向かって湾曲して配置される。画面の中央には、フェラーリの伝統に則って大きなレブカウンターが配置される。

レブカウンターの両側はナビゲーション画面や走行状態、センサー、ゲージ類の表示が選択でき、ディスプレイの下部には燃料計やバッテリー残量、オドメーター、外気温度、空調モードなどが表示され、すべての情報がディスプレイ内で確認できる。

メーター・クラスターの右、ダッシュ中央にはタッチコントロール式となった空調コントロールパネルが位置する。

シフトセレクター

インテリアで注目したいのがフロア・コンソールに配されたシフト・セレクターだ。

往年のクラシック・フェラーリを象徴するシフトゲートからインスパイアされたもので、これまでリバースやオートモードは丸い押しスイッチだったものを、シフトゲートに沿って操作するデザインにされた。

フェラーリSF90ストラダーレ
フェラーリSF90ストラダーレ

ちなみに左列がリバース、中央列がオートマティック・マニュアル切り替え、右列がローンチ・コントロールとなる。

ステアリング・ホイールには、おなじみの走行モードを切り替えるマネッティーノのほか、スタータースイッチ、ライト、ワイパー、方向指示器、クルーズコントロール、オーディオ・コントロールを装備。

また、右スポーク部分に新たにタッチコントロール・パッドが設けられ、センタークラスター画面のセレクターとして使われる。

このほかクラスター左にはパーキングランプ、ミラー調整、フロント・リフターなどのタッチパネル・スイッチが配されている。

シャシー

SF90ストラダーレはハイブリッド・システムを備えるため、増加したシステム重量270kgはパワーアップで対応できたが、車両総重量を1570kgに抑えるためにマルチ・マテリアルとマルチ・テクノロジーによる軽量化が推し進められた。

シャシーは近代フェラーリの定型といえるアルミ・スペースフレームを継承するが新設計された。

フェラーリSF90ストラダーレ
フェラーリSF90ストラダーレ

従来のリブ付き構造材に代わって採用した中空ケーシングで、新たなソリューションとしては、キャビンとエンジンを隔てるバルクヘッドにフルカーボン・ファイバーが用いられた。カーボンパーツはこのほかにもアンダーフロア・パネルやドアなどにも使用され軽量化に貢献している。

使われているアルミ合金は高強度の7000シリーズ合金で、SF90ストラダーレのシャシーは、従来の車体に比べて曲げ剛性20%強化、ねじり剛性40%強化を、重量増なしで実現している。またフロアには「静かなアルミニウム」として知られる新合金を採用することにより、NVHが改善された。

記事に関わった人々

  • 上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フェラーリの人気画像