F1ドライバー アレクサンダー・アルボン、F1日本GPを前に語る 心境と意気込み

2019.10.12

100字サマリー

10月9日、東京都港区アストン マーティン青山ハウスにアストン マーティン・レッドブルレーシングのF1ドライバー、アレックス・アルボンがおとずれました。心境を語ります。

もくじ

アレックス・アルボン 旬な心境
鈴鹿 いかにコーナーをスムーズに走るか

アレックス・アルボン 旬な心境

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)

F1日本グランプリを目前に控えた10月9日、東京都港区アストン マーティン青山ハウスでパーティが開催された。

アストン マーティン・レッドブルレーシングのF1ドライバー、アレックス・アルボンはF1日本グランプリへの抱負を語った。

F1ドライバーになった実感

アレックス・アルボン
アレックス・アルボン

「昨シーズンまではフォーミュラ2に参戦していましたが、今シーズンからトロロッソのドライバーとしてF1マシンに乗ることができました」

「オーストラリアGPで初めてF1に参戦。じつはマシンに問題があって、ピットアウトしてからコーナーを3つ曲がったところでクラッシュしてしまいました」

「身体は問題なかったのですが、ピットに戻ったら100人以上のカメラマンのフラッシュを浴びて、そのとき初めて『ああ、ぼくはF1ドライバーになったんだ!』と実感してしました(笑)」

F1マシンならではの点

「7歳からカートでレースを始めて、ここまでステップアップしてきたので、F1マシンに初めて乗ったときもあまり驚きはありませんでしたが、安定感はすごいなと思いました」

「夏休み明けに、トロロッソからレッドブルにチームを移ることになりました。やはりチームもマシンも違いますね。トロロッソはイタリア、レッドブルはイギリスのチームなので、やはり文化というかコミュニケーションや表現の仕方が違います」

「マシンの違いも、ひとことで説明するのは難しいのですが、走り方そのものが違います。いまは、その違いに慣れるのに少し時間がかかっているという状態です」

気になるのは、鈴鹿GPへの意気込みだ。

 
最新海外ニュース