【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

世界最大の寒冷地テスト施設に潜入 極寒の世界 秘密は「スノーハウ」 前編

2019.11.16

さらなる拡張計画

「今年後半からは米国でも新たなスノータイヤの規格が導入されるため、ピックアップ向けの追加試験をいま行っているところです」とソールヤルビは言う。「2020年に向けては、EUでも新たなアイスタイヤの規制が導入されるため、さらなる試験が予定されています」

需要の高まりに応えるべく、テストワールドでは2015年に屋内のハンドリングサーキットを、2018年には新たな直線コースをオープンさせるとともに、今年の春にはふたつのターマック舗装を施したコースも追加している。

ここでのテストによって、タイヤメーカーは最適なコンパウンドとトレッドパターンを見つけ出すことが出来る。
ここでのテストによって、タイヤメーカーは最適なコンパウンドとトレッドパターンを見つけ出すことが出来る。

さらに、夏場でもまるで-40℃の酷寒のなかに一晩放置された状態を作り出せるほどの能力を持った、何台かの冷凍コンテナの姿まで目にすることが出来る。

「数年前、あるメーカーがEVのプロトタイプを持ち込んだことがありましたが、こうした極限の低温状態では始動できないことが明らかとなりました」とソールヤルビは思い返す。「大いに感謝していただきました。彼らはその問題を解消すべくここを後にしたのです」

現在、テストワールドでは空港近くの施設で20kmのテストコースを、メラトラックスでは80kmのコースを運営しているがそのうち1.2kmは屋内に設置されている。

今後5年程度で実現予定の拡張計画には、さらにふたつの室内コースの増設が含まれており、現在の4倍に達する10平方キロメートルまでメラトラックスを拡張すべく、ソールヤルビはすでに必要な土地も確保している。

 
最新海外ニュース