バランスの良さではRSの100 ルノー・クリオ(ルーテシア)RSライン 130に試乗

公開 : 2019.11.16 09:50

現在のラインナップで最もスポーティなクリオ(ルーテシア)となるのが、RSライン 130。装備もドライビングフィールも素晴らしいものの、目下のクリオでのスイートスポットは下位グレードの1.0Lだと、英国編集部は評価しています。

もくじ

現在のクリオで最もスポーティなモデル
追加費用はパワーアップと装備の充実に
どうしてもマニュアルが欲しくなる
ルノー・クリオ(ルーテシア)RSライン TCe130のスペック

現在のクリオで最もスポーティなモデル

text:Simon Davis(サイモン・デイビス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
第5世代へと新しくなったルノー・クリオ(ルーテシア)で最もスポーティなクルマとなるのが、130psを発生させるRSライン 130。この他にもさらにパワーを高められたフォード・フィエスタSTに対抗するスポーツ仕様も追って登場するはず。ルノーはまだ肯定も否定もしていないけれど。

スッキリと動的な雰囲気を漂わせるデザインのボディの内側には、まったく新しいプラットフォームと、1.3Lの4気筒エンジンが収まっている。ルーテシアは、ルノー・日産・三菱アライアンスによる最新のCMF-Bを採用した初めてのモデルだ。

ルノー・クリオ(ルーテシア)RSライン 130
ルノー・クリオ(ルーテシア)RSライン 130

エンジンはルノー・キャプチャーやメガーヌ、セニックなどに搭載されるものと同じターボガソリン。最高出力130psを発生し、最大トルクは1600rpmという低回転域から24.4kg-mを発生させるたくましさ。7速デュアルクラッチATを介してフロントタイヤを駆動する。

英国では、1.3LエンジンのグレードにはMTは用意されていないが、1.0LエンジンのルーテシアRSラインではMTも選択できる。そちらの最高出力は100psで、5速マニュアルかCVTかが組み合わされる。

サスペンション構造はほかのグレードのルーテシアと同じ。フロントがマクファーソンストラット式で、リアがトーションビーム式。スポーティな見た目だが、スズキ・スイフト・スポーツやフォード・フィエスタSTの下位グレードのライバルとはいいにくいだろう。

追加費用はパワーアップと装備の充実に

英国の価格は2万295ポンド(282万円)。価格の上昇分はエクストラパワーに加えて、標準装備の充実に当てられた。目を引くスタイリッシュなエクステリアと相まって、仕上りはかなり良いと思う。

ふんだんなアクティブセーフティ機能は、すべてのルーテシアで共通する強み。さらにRSラインでは、9.3インチのタッチモニターによるインフォテインメント・システムを装備。LEDヘッドライトにオートハイビーム、リアビューカメラ、フロント・パーキングセンサーなどが付いてくる。

ルノー・クリオ(ルーテシア)RSライン 130
ルノー・クリオ(ルーテシア)RSライン 130

インテリアの雰囲気自体も、気持ちを上げてくれるスポーティなテイストにまとめられている。このインテリアデザインもルーテシアの特徴。無駄のないモダンな造形なだけでなく、ソフトタッチ加工が幅広く施され、先代モデルよりも遥かに質感は高い。

シートポジションなどの調整幅も大きく、操作性も良い。ただしモニターの応答性は少し劣るようだ。後部座席の空間は頭上周りで余裕がない。荷室容量は391Lもあり、クラスでもトップの広さを誇る。

操縦性もフィエスタと同じくらい良い。ステアリングを切るとごく僅かな間の後に、シャープに向きを変えていく。サスペンションも良く仕事をし、ボディロールを適度に抑え込んでいる。不要にタイヤのスキール音が立つこともない。

フロントタイヤのグリップ力も高く、アクセルペダルの操作に素早く反応する。だがステアリングホイールに伝わってくる触感は薄い。操舵感にもっと重みを感じた方が安心感を生むと思う。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記