ミニRAV4「トヨタ・ライズ」 ひと月で受注3万台超え 販売台数でも4位に

2019.12.05

100字サマリー

トヨタの新型コンパクトSUV「ライズ」が、ひと月で3万台以上を受注しました。目標の約8倍。どんなグレード、どんなオプションに人気が集まっているのでしょう。

もくじ

登録車ランキング 4位に
どんなライズが売れ筋?

登録車ランキング 4位に

トヨタは、新型コンパクトSUVの「トヨタ・ライズ」が、11月5日の発売から1か月にあたる12月4日時点で、約3万2000台を受注したことを発表した。

日本自動車販売協会連合会が発表した11月の登録車の販売台数ランキング(乗用車ブランド通称名別順位)によると、トヨタ・ライズは4位にランクイン。11月単月で7484台を販売する好結果を残した。

トヨタ・ライズZ(2WD・ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール)
トヨタ・ライズZ(2WD・ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール)

カローラ(1万705台)、シエンタ(1万331台)、プリウス(8375台)には及ばなかったものの、C-HR(5097台)、RAV4(4988台)に大きく差をつけている。

トヨタ・ライズは、ダイハツが久しぶりに投入した登録車「ダイハツ・ロッキー」の姉妹モデル。全長3995mm、全幅1695mmという5ナンバー車で、乗車定員は5名。最低地上高は185mmを確保している。

ダイハツ・ロッキーは同ランキングでは16位(4294台)に入った。

どんなライズが売れ筋?

トヨタによると、ライズのグレード別の受注実績は、上級グレードの「Z」が7割、ミドルグレードの「G」が2割。

装着率の高いメーカーオプションは、「ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックアラート」が4割(Z、Gグレード内比率)。バックカメラ、ステアリングスイッチのパッケージオプションである「ナビレディパッケージ」が4割(総数内比率)。

トヨタ・ライズZ(2WD・ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール)
トヨタ・ライズZ(2WD・ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール)

外装色は、シャイニングホワイトパールが3割、ブラックマイカメタリックが2割、ブライトシルバーメタリックが1割とされている。

なお、ライズの月販目標は4100台となっており、発売1か月目は、目標の約8倍の受注を記録したことになる。

 
最新海外ニュース