[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

新型ロッキーは「あと乗り」ではない? 実は長いダイハツSUVの歴史 振り返る

2019.11.11

100字サマリー

ダイハツ・ロッキーが投入される以前にも他社は「小さなSUV」を投入。したがって「あと乗り」と思われがちです。しかし歴史を振り返ってみると、コンパクトSUVに関しては先駆者とも言える長い歴史がありました。

もくじ

発表されたばかりのダイハツ・ロッキー
1970年代にすでにLカーのSUVをリリース
タフトのフル刷新→ラガー→ロッキー追加

発表されたばかりのダイハツ・ロッキー

text:Kouichi Kobuna(小鮒康一)

1980年代に登場したクロスカントリーSUVの名前「ロッキー」を引き継いだ2世代目の新型ダイハツ・ロッキーは、DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)プラットホームを使った5ナンバーサイズのボディに、1Lターボエンジンの組み合わせ。ありそうでなかったクロスオーバーSUVとなっている。

先般開催された東京モーターショー2019でも2台が展示され、多くの来場者が入れ代わり立ち代わり車両をチェックしていたところを見ると、かなりのヒットが期待できそうな車種と言っていいのではないだろうか。

投入されたばかりのダイハツ・ロッキー。
投入されたばかりのダイハツ・ロッキー。

一過性のものと思われたSUVブームも気付けば早幾年。本格的スポーツカーメーカーから超高級車メーカーまで、いままでSUVをラインナップしてこなかったメーカーも続々と新型SUVを投入している。

小型車を得意とするダイハツも遅ればせながらようやくその「小型SUV」の波に乗ってきた、と思われる方もいらっしゃるかもしれない。

しかし、実はダイハツはコンパクトなSUVに関しては先駆者とも言えるほど長いヒストリーを持っているメーカーなのである。

今回はそんなダイハツSUVの歴史を振り返ってみよう。

 
最新海外ニュース