【山口県発 イベントレポート】ジーロ・ディ美祢 33台が走るクラシックカー・ラリー

2019.12.12

サマリー

山口県からクラシックカー・ラリーのレポートです。ジーロ・ディ美祢が開催。10周年となった昨年は、台風で中止となりました。リベンジとなった今年は?

もくじ

中国地方、九州でお馴染み
33台 秋晴れの山口路に
ゴールは美祢自動車試験場

中国地方、九州でお馴染み

text:text:Kauto Toshishige(利重一人)・編集部
photo:安藤光太朗、石田和也、芥川武志

山口県美祢市を中心として県内の名所を巡るクラシックカー・タイムトライアル・ラリーとして親しまれる「ジーロ・ディ美祢」。地元山口のオーナーはもちろん、九州や中国地方のクラシックカー愛好家からも支持されているイベントとなっている。

昨年は10周年記念という節目の年で、色々な新企画を用意していたが、運悪く来襲した台風のために中止に。今年はそのリベンジとして昨年行う予定だったアイディアを盛り込んだという。

ゴール後はマツダが所有する美祢自動車試験場でサーキットランを楽しんだ。
ゴール後はマツダが所有する美祢自動車試験場でサーキットランを楽しんだ。

ジーロ・ディ美祢は1泊2日で開催するクラシックカー・タイムトライアル・ラリーで、コドライバーが指示図に従いドライバーを誘導し、各チェックポイントを目指すもの。

タイムトライアルと謳うがスピードを競うのではなく、主催者が設定したタイムにどれだけ近く走れるかを競う、正確な走りが要求されるラリーだ。またタイムでのポイント、カードやサイコロ、クイズなどを使ったポイントの加減により、参加者が楽しめる内容となっている。

参加できるのは1970年代以前の日本製・外国製クラシックカーやスーパーカーのクラシックカー・クラスと、1980年代以降の車両で趣味性の高いモデルやスーパーカーによるエクストラ・クラスに限られる。

 
最新海外ニュース

人気記事