海外ニュース

2018.12.07

クラシックカーをEVに換装 アストン マーティン 元に戻すことも容易に

編集部より

アストン マーティンは同社のクラシックカー向けにEV換装キットを提供すると発表しました。このキットはただの換装キットではなく、必要に応じて簡単に元のパワートレインに戻せる「リバーシブル」なキットとしています。

来たる内燃機関禁止の時代に対する解決策?

そう遠くない時代、エンジン搭載車は禁止されているかもしれない。そうした時代にも走れるように、アストン マーティンは「リバーシブル」EV換装キットを提供すると発表。

このキットは同社のクラシック担当部門、アストン マーティン・ワークスが開発し、ラピードEの開発で培われたノウハウやコンポーネンツが用いられている。

最初に提供される車種はは1970年型アストン マーティンDB6 Mk2 ヴォランテ。現在はアストン マーティン・ワークスが本拠地としているニュポート・パグネルの工場で作られたクルマだ。

このキットの最大の特徴はリバーシブルにある。EV化した後でも必要に応じて簡単にオリジナルのパワートレインに戻すことができる。これにより、オーナーは自分のクルマが「ホンモノ」で居られると同時に、この先未来永劫走り続けられると確信できる。

アストン マーティンCEOのアンディ・パーマーは「将来的に内燃機関を搭載したクラシックカーが社会的批判に曝され、維持しにくくなるかもしれないということを認識しています。わたしたちの『セカンド・センチュリー』計画は現在及び未来のモデルのためだけではなく、わたしたちの遺産も守ります」と話した。

換装キットの提供は2019年より開始するとしている。出力や航続距離などの詳細は発表されていない。最近ではジャガーもEタイプをEV化したEタイプ・ゼロを発表した。

この手のEV換装技術は今後主流になってくるAUTOCARは予想する。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ