[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

クラシックカー・ギャラリー in 天王洲 2019 クラシックカー記念日イベント、CCCJが開催

2019.11.10

100字サマリー

11/3は、文化遺産としてのクラシックカーの記念日。その一環として「クラシックカー・ギャラリー in 天王洲」が今年も開催。ほかでは見られない貴重なモデルが展示されました。

もくじ

CCCJが開くオープンイベント
クラシックカーがいる空間
3回目を迎えたC.C.C.G.

CCCJが開くオープンイベント

text&photo:Kentaro Nakagomi(中込健太郎)

1956年に発足した、日本で最も長い歴史を誇るクラシックカークラブである日本クラシックカークラブ(CCCJ)。

昨年2018年にクラブの創立記念日である11月3日を、日本におけるクラシックカー記念日として制定した。この日を、文化遺産としてのクラシックカーを保護し、広く知ってもらう記念日とした。

まず目についたのは2台のダットサン。後にフェアレディZとなって今日まで販売されるモデルの起源に当たるモデル。
まず目についたのは2台のダットサン。後にフェアレディZとなって今日まで販売されるモデルの起源に当たるモデル。

その11月3日に品川区のウォーターフロントエリア、天王洲キャナルイースト地区にて「Classic Car Canal Gallery(C.C.C.G)in Tennoz」が今年も開催された。同地区のボンドストリートを中心に、往年の名車たちが並び、その美しさをクルマ好きや街行く人たちとともに愛でるひと時。珠玉の名車たちと共にゆったりとした時間が会場を包み込んでいた。

職住隣接の地でもある天王洲周辺は、駅からも至近であり、終盤に差し掛かった東京モーターショー開催地区からも比較的アクセス良好……ということで、併せて楽しんだクルマ好きも少なくなかったようだ。

それに加えて都会のウォーターフロントとして整備されてきたこの地を、家族で散歩する人たちの姿も多数見られた。

 
最新海外ニュース