【新ハイドロ】シトロエンC5エアクロスSUV、ガソリン仕様を発売 ディーゼルとの価格差は?

2020.04.09

サマリー

シトロエンの中型SUV「C5エアクロスSUV」に、ガソリン車が登場。ディーゼルに比べて120kgも軽いです。車重、価格差を確認しましょう。

5500rpmで180psを発揮

SUV人気の波にのり販売が好調な仏シトロエン。昨年日本で発売された「C5エアクロスSUV」は、そんな市況にマッチした中型モデル。

SUVにコンフォート性能を追い求めた点がユニークな1台だ。これまで日本仕様はディーゼル・エンジン車に限られていたが、ガソリン仕様も販売されることが決まった。

シトロエンC5エアクロスは2017年に発表された。日本仕様はこれまではブルーHDi(ディーゼル車)のみの展開だった。
シトロエンC5エアクロスは2017年に発表された。日本仕様はこれまではブルーHDi(ディーゼル車)のみの展開だった。

ディーゼル仕様に比べて車両重量は120kg軽くなり1520kgに。静粛性も高まることから“軽快”という方向でのコンフォート性がセールスポイントになる。

搭載エンジンは、ピュアテック1.6Lターボ(180ps/5500rpm、25.5kg-m/1650rpm)。ツインスクロール・ターボが低回転域のレスポンスを高め、ガソリン・ユニットらしいシャープなフィーリングを味わえる。

なおディーゼル仕様は2.0Lターボで177ps/3750rpm、40.8kg-m/2000rpmというスペック。

WLTCモード燃費は、ガソリン車が13.8km/L。ディーゼル車が16.3km/Lとなる。

ボディサイズは、パワートレインに関わらず全長×全幅×全高が4500×1850×1710mm。最低地上高は190mmを確保した。

その他の仕様はガソリン/ディーゼルともに同一。なお、日本導入時に履いていたオールシーズン・タイヤ(235/55 ZR18)からサマータイヤ(225/55 ZR18)に銘柄とサイズが変更されている。

C5エアクロスSUV(ガソリン車)の価格は409万円。同じグレードのディーゼル車に比べて、22万9000円低い設定とされている。

 
最新海外ニュース

人気記事