【パンデミックの打撃】FCA 7300億円の融資獲得のため交渉中 配当金も見送り

2020.05.25

サマリー

パンデミックによる、販売低下と株価下落に苦しむFCAが、邦貨にして7300億円の融資獲得のために動いていると、報じられています。同社はまた、株主への配当金支払いを見送るなど、経営維持のための努力を行っています。

もくじ

経営維持のための努力
パンデミックの影響

経営維持のための努力

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が、イタリア政府保証の付いた63億ユーロ(7300億円)の与信枠確保のための交渉を行っていると、ブルームバーグが報じた。

同社は、FCAの支配的シェアを保有する、アニェッリ家の持ち株会社が所有する、国際再保険会社パートナー・リーの74億ポンド(9591億円)の売却計画が実現せず、 株主への配当金支払いを見送っている。

アルファ・ロメオ ステルヴィオ
アルファ・ロメオ ステルヴィオ

FCAとの提携で、世界第4位の自動車メーカーグループの設立を計画しているPSAグループも、2020年の配当を見送っている。

この決定により、10億ポンド(1300億円)弱を、日常業務費用にまわすことが可能となり、さらに、イタリア政府からの大規模な後押しを得るため、交渉が行われている。

パンデミックの影響

多くの自動車メーカーが、パンデミックにより大規模な経済停滞、または株価下落に苦しんでおり、英国における4月の自動車登録台数は97%減少している。

ヨーロッパでは、ロックダウン措置の緩和が始まっており、市場の回復が期待されている。

フィアット500
フィアット500

FCAは、伸び悩んでいる販売、人気モデルの低いマージン、マセラティやアルファロメオなど、プレミアムブランドの資金不足で、苦戦しているヨーロッパ市場を強化するため、PSAとの合併を模索してきた。

PSAの市場における専門知識と、進んだ電動化技術により、FCAがふたたびヨーロッパでの成功をおさめることが期待されている。

 
最新海外ニュース

人気記事