【新DATSUN】ダットサン・レディゴー改良新型 日産インディアが発表 時代は巨大グリル?

2020.06.04

サマリー

DATSUN(ダットサン)が、予告していた「redi-GO(レディゴー)」を発表。改良新型は、大きなグリルのフロントフェイスになりました。日産が新興市場で展開するダットサン。レディゴーはインドで販売されます。

もくじ

マイナーチェンジ版、登場
redi-GO エンジン/内装

マイナーチェンジ版、登場

今週公開された独BMWの新型4シリーズが、特大サイズのフロントグリルを採用した。オラオラ系と表現される日本のミニバン勢など、大きなグリルのクルマを見かける機会が増えている。

日産インド法人が、ダットサン・ブランドから発表した小型車「ダットサン・レディゴー」の改良新型も、小さな身体に大型グリルという出で立ち。

インド市場で日産が発表したダットサン・レディゴー改良新型。
インド市場で日産が発表したダットサン・レディゴー改良新型。

レディゴーは、今回登場した改良型でフロントフェイスを刷新したのだ。

マッシブで大きなグリルが目を引く顔立ちは、新デザインのヘッドライトを採用し、両脇にL字型ライトを配している。

これ以外の変更は、セーフティ面に力を入れ、衝突安全ボディ、デュアルエアバッグ、ABS+EBDといった安全装備で乗員を守る。

また、ガイドライン機能付きバックカメラを搭載し、後退時に周囲を確認しやすいようにした。

redi-GO エンジン/内装

エンジンは従来通りのラインナップで、1.0Lエンジン車は、オートマニュアル・トランスミッション(AMT)と5速MTから選択できる。0.8Lエンジン車は、5速MTのみの設定だ。

いずれのパワートレインも、BS6(インドの新しい排ガス基準)に対応している。

ダットサン・レディゴー改良新型の内装。
ダットサン・レディゴー改良新型の内装。

また、最低地上高は187mmを確保し、日本車ではトヨタ・ライズ(185mm)と同等のレベルを確保した。

内装については、ツートーンを強調したドアトリム・パネルを採用。

8インチのタッチスクリーン式インフォテインメント・システムは、アンドロイド・オート、アップルカープレイに対応している。

なお、「ダットサン」は日産の第3のグローバル・ブランド。2014年よりインド、インドネシア、ロシア、南アフリカといった新興市場をターゲットに活動を行っている。

 
最新海外ニュース

人気記事