【キーマンが語る】レクサスLS改良新型 デザイン/内装/走り/運転支援「チームメイト」

2020.07.07

サマリー

「レクサスLS」のマイナーチェンジ・モデル、世界初公開。今冬、日本発売されるというフラッグシップ・サルーン。そのデザイン、内装、ADASの進化を、ブランドのキーマンの言葉とともに見ていきましょう。

もくじ

LSがマイナーチェンジ 外観
改良新型LS 内装
改良新型LS 静粛性・乗り心地
レクサス・チームメイトとは
納車後もアップデート

LSがマイナーチェンジ 外観

レクサスが、ブランドのフラッグシップとなる高級セダン「レクサスLS」の改良新型を、世界初公開した。

新しいLSは、レクサスのDNAである静粛性・乗り心地を追求し、パワートレイン、サスペンション、シートの縫い位置など、細部に至るまで作り込んだという。

改良新型レクサスLS(海外仕様)
改良新型レクサスLS(海外仕様)

ここでは、ブランドのキーマンたちが語る改良新型のポイントに注目していきたい。

外観では、シルバー系の新規外板色「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定したのがトピック。

アルミフレークを含んだ塗料の体積を凝縮させる「ソニック工法」を応用し、アルミ蒸着を高密度で敷き詰めている。鏡面のように滑らかで、わずかな光も繊細にとらえ、時の移ろいに呼応し様々な表情を見せるのが特徴だ。

デザインに関しては、前バンパーコーナー部に縦基調のラインを配置、その下のメッキモールをサイドまで回り込ませ、スタンスの良さと伸びやかさを表現。

また、新意匠の小型3眼ランプユニット/クリアランス・ランプの下に、ブレードスキャンAHS(アダプティブ・ハイビームシステム)を搭載。厚みのあるヘッドランプ形状が、新型の顔つきを変えた。

さらに、スピンドルグリルのメッシュカラーもダークメタリックに変更し、上品さを高めている。

インテリアの進化についても見ていこう。

 
最新海外ニュース