メルセデス-AMG A45のフェイスリフトをキャッチ

公開 : 2015.05.13 22:40  更新 : 2017.06.01 02:09

今年の秋に予定されているメルセデス-AMG A45のフェイスリフトを初めて捉えることに成功した。C63や新しいGTと同様にメルセデス-AMGのブランドとして発売されるホット・ハッチは、南ヨーロッパでテストが繰り返されている。

今回のフェイスリフトでは、まずそのパワー・ユニットに手が入れられる。アウディRS3の2.5ℓ5気筒ターボが367psを発揮しているのに対抗して、A45の2ℓ4気筒ターボ・ユニットが現行の360psからアップされる模様。メルセデス-AMGのトビアス・メールスは、このフェイスリフトされたA45が、そのクラスで最強のモデルになると明言しているからだ。

恐らくそのパワーは380psになるとされ、その結果0-100km/h加速は現行よりも0.1秒速い4.5秒になると思われる。最高速度はリミッターで制限される250km/hのままだ。

スタイルは、A45専用のフロント・グリルが与えられる。このグリルは、ほかのAクラスとは異なった専用のデザインとなる。

また、このA45には、GTやC63と同様にSモデルが設定されるという。このSモデルは、フォルクスワーゲンが生産を計画している400psのゴルフR400に対抗するものと思われる。このゴルフR400が生産されるとなると、360psのA45の天下は非常に短いものとなってしまうからだ。まだゴルフR400のリリース・デートは明らかにされていないが、フォルクスワーゲンの技術責任者、ハインツ-ジェイコブ・ノイサーによれば、このプロジェクトが現在も進行中であり、頓挫してはいないという。