セアト・レオンSCクプラ280 サブ8

公開 : 2015.07.29 23:40  更新 : 2017.05.29 18:43

ニュルブルクリンクにインスパイアされた3ドアのレオン・クプラ280が登場。といっても、もっとも大きな変更点は外観くらいのものなのだが……。

■どんなクルマ?

善かれ悪しかれ、ノルドシュライフェのラップ・レコードというのは現代のクルマづくりにおいて重要視されている(らしい)。

ラ・フェラーリポルシェ918スパイダーマクラーレンP1だって、躍起になってベスト・ラップの更新を目指しているのだから、まぁそういうことなのだろう。

特に前輪駆動のホットハッチの間では、ことさらその傾向が強い。

セアトは昨年の3月に、3ドアのレオンSCクプラ280でもってその記録を塗り替えた。しかし1位の座は短命に終わった。

その数カ月後にはルノーが4秒も短いタイムをマークしたのだ。7分58秒4。275psを叩きだすメガーヌ・ルノースポール275トロフィー-Rによる偉業であった。

当然セアトはあきらめるわけがない。そこでデビューしたのがサブ8(=8分以下)なるモデル名が与えられたモデルである。

最高出力は280ps。2.0ℓのガソリン・ターボ・ユニットが叩きだす数字である。大きく3段階のステージに分けられるのがこのモデルの特徴だ。

 
最新試乗記

人気記事