ポルシェ911GT3 RS vs マクラーレン675LT

公開 : 2015.08.14 23:50  更新 : 2017.05.29 19:30

木曜日、10:49 AM。MIRAサーキット、マイル・ストレート

どうしてMIRAサーキットを選んだか。答えは簡単、2台の素性のすべてを洗いざらい調べあげることができるからだ。ここで諸々のテストを行ったあと、北東に爆走していく予定である。

まずはGT3 RSの静止加速から。インギア時の挙動を見る。

響き渡るフラット6の轟音は、聴く者を痺れさせる。例のごとく優秀極まりないローンチ・コントロール・システムと325セクションの後輪は、猛烈な勢いで車体を蹴りあげる。500psの大パワーが路面に伝わる瞬間である。

アクセル・レスポンスはいかなる回転域でも狂しいほどに鋭く、エンジンはタコメーターを振り切るのではないかと思うくらい鋭敏に回る。7速のPDKは瞬きよりも素早い変速を一瞬のうちにこなす。

675LTとGT3 RSの順に、圧縮比は8.7:1 vs 12.9:1。エンジンはツイン・ターボ vs 自然吸気。パワー・ウエイト・レシオは177ps/トン vs 125ps/トン。

このようにそもそもがまったく異なったエンジンを搭載しているだけに、675LTとGT3 RSのキャラクターは根本的に違っているのである。

675LTが650Sと異なるのは、675LTは中回転域のトルクをわずかながらに犠牲にして、高回転側をドラマティックに仕立てている点だ。ドラマこそマクラーレンのスポーツカーに必要であることを、マクラーレンだって知っているのである。

しかしながらターボ・ラグが依然として存在することは否定しない。特に、意図的にアクセル・ペダルを踏み込んだ場合に明確なラグを見ることができる。

一方、スピードが乗ってくると上記の瑕疵はまったくといっていいほど気にならない。こちらが怖気づいてしまうほどに速い。そしてGT3 RSと同じく8000rpmちかくまで回りゆく。GT3 RSと異なるのは、‘残りの’ 500rpmの鋭さくらいのものなのだ。

ピレリPゼロ・トロフェオRが2、3速の後輪の空転を極めてミニマルにしているのにも驚いた。

関連テーマ

 
最新試乗記