トヨタ・ランドクルーザー・プラドTZ-G

公開 : 2015.12.25 23:40  更新 : 2021.01.28 18:18

  • KDSS、マルチ・テレインセレクトなどオフロード走行性能もTZ-Gならではの強み。

  • プラド搭載のディーゼルユニットは、来年末までに年間70万基規模を生産、約90の地域に展開する。

走りの性能も、このTZ-Gグレードならば、さらに魅力的なものになる。マルチ・テレインセレクトやクロールコントロールといったメカニズムが、オプション選択することができるからだ。ちなみに前者はトランスファーギアがL4にあること、そしてクロールコントロールが非作動時で、VSC&TRCは非オフ状態であることを条件に、「マッド&サンド」、「ルーズ・ロック」、「モーグル」、「ロック&ダート」、「ロック」の各モードで、エンジンスロットル特性やアクティブ・トラクションコントロールの制御によって、最適な走行支援を得るためのもの。

後者は4輪を独立制御し、極低速での一定速度走行を実現してくれる。ドライバーはアクセルもブレーキも操作する必要がないから、ステアリング操作に専念した、より安全なオフロード走行を楽しむことができる。

■どんな感じ?

ランドクルーザー・プラドは、強靭なラダーフレームを持つモデルであり、ボディーはその上にマウントされることになる。したがってキャビンへの乗り降りは、それだけでもひとつの儀式に思えてくる。けれども実際にそのキャビンに身を委ねてみると、着座位置の高さは心地良いし、何より高級で機能的なものに我が身を包み込まれることに、大いに感動させられてしまう。

サードシートへのアプローチも容易だ。それを使用した状態では、ラゲッジルームは最小限といった印象だが、例の電動フロア収納によって、簡単に実用的なスペースを作り出すことができるのは嬉しい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×