スコダ・スパーブ2.0 TSI 280 4×4 DSG

公開 : 2016.02.19 23:30  更新 : 2017.05.29 18:39

トップ・エンドのパワーもたっぷり。回転の頭打ちとも無縁だ。低回転域の押しだしは中回転域までつづく。回していて楽しいターボ・ユニットである。

サスペンションをスポーツにすると、サスペンションは一気に引き締まる。ただしBMW 330i Mスポーツのようなシャープな印象はなく、ダルくはないがおっとりしたタイプだ。

コーナーでは大いにボディが傾く。ステア・フィールもかなり漠然としている。少なくともギア比は適確で、ダイレクト感もあるのだが、これはちょっと嫌だ。スポーツ・モードにすると重くなりすぎると感じるので、この場合、インディビジュアル・モードが適役だろう。

たとえば雨の降りしきる峠道でBMW 330i Mスポーツとバトルするとなれば、問題が生じてくる。330iと同じくらい速いのだが、4WDのパワーの割り当てがうまくないのだ。

対する内装のゆとりはメルセデス・ベンツSクラスを思い起こすほど。質感も高い。このクルマを語るうえでトップ・ニュースになるほどではないが、スイッチのレイアウトのうまさもあって、印象はいい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事