スコダ・スパーブ2.0 TSI 280 4×4 DSG

公開 : 2016.02.19 23:30  更新 : 2017.05.29 18:39

実用的かつ経済的なファミリーカーが、280psの2.0ℓガソリン・エンジンと4WDシステムを手にすると、一体どうなるのだろう?

■どんなクルマ?

スコダ・スパーブ280は、セアト・レオン・クプラも一時期搭載していた280psの2.0ℓガソリン・ターボを搭載する。駆動方式は4WD。トランスミッションは6速のデュアル・クラッチとなる。

ホイールスピンを披露したり、素早いシフト・チェンジを自慢したりしながら、沼に溺れることのない、そういった強みを見た目とは裏腹に手にした実力者である。

■どんな感じ?

4×4のバッジを含め、見た目は他グレードとほとんど同じ。極めておとなしい。諸元をみると0-100km/hタイムが5.8秒と書かれているので、ようやく「あ、特別なクルマなのだ」と気づく。

エンジンは静かでスムーズ。愛おしいユニットだ。よってクルーズ時も静か。オプションの可変ダンパーをコンフォートにセットしておけば乗り心地も実にやわらかい。回した時のみ、勇ましい吸気音が聞こえてくる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事