アウディSQ5ディーゼルは、現行のSQ5プラスよりもパワフルに

公開 : 2016.06.14 22:30  更新 : 2017.06.01 01:30

来るべきアウディSQ5ディーゼルは、現行のSQ5プラスよりもパワフルになるという。このSQ5ディーゼルには、最近デビューしたSQ7でリリースされた48Vの電気式コンプレッサーを持つターボチャージャー・テクノロジーを採用する。

アウディのパワートレイン責任者、オリバー・ホフマンによれば、338psのパワーを持つ現行のSQ5プラスよりも56ps大きい394psまでパワーアップが可能だったというが、ドライバビリティを考えて369ps程度に落ち着くことになりそうだという。ホフマンも、この新しいSQ5は、現行のSQ5の排気のみを利用したツインターボではなく、48Vの電動ターボを持つと認めている。

SQ5ディーゼルに使用されるのは、48V電気式コンプレッサーと2基の排気コンプレッサーを組み合わせたもので、ターボラグを防ぐために電気式コンプレッサーを用いるというもの。また、アウディ・バルブリフト・システム(AVS)も採用される。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事