ルノー、クリオ・ルノー・スポールをフェイスリフト

公開 : 2016.07.06 04:46  更新 : 2021.03.05 21:35

ルノー・クリオ・ルノー・スポール(以下、クリオR.S.)に、外観の変更とアップグレードが施された。

また、フォードフィエスタST、プジョー208GTI、ヴォクゾール・コルサVXRのライバルであるこのモデルには、フィエスタST200に狙いを定めた “トロフィ” というパワフルな仕様が用意されている。

今回クリオR.S.は、他のグレードと足並みを揃えてフェイスリフトを実施することになり、グリル、リア・バンパー、ヘッドライト、それにチェッカーフラグをモチーフにした専用フロント・フォグライトが与えられた。

メカニカル面では多くのアップグレードが行われ、3つのシャシー・オプション(スポーツ、カップ、トロフィ)はサーキット走行性能を引き上げる効果がある。なお、スポーツが最も公道走行に適したモードだ。一方でトロフィは、快適性よりもサーキット性能を重視している。

エンジンの出力は、クリオRS200 EDCの200psと、クリオRS220トロフィの220psという2種類があり、いずれもパドルシフト付きデュアルクラッチ・ギアボックスと組み合される。

高出力のエンジンはトロフィ・シャシーのみに適用され、その場合は脚周りがフロント20mm、リア10mmのローダウンとなるほか、18インチ・アロイ・ホイールをオプションで選択できる。同様に高性能エグゾースト・システムも追加オプションで適用可能だ。

トロフィ・シャシーの走行性能は、0-100km/h加速タイムが6.6秒。最高速度は235km/hである。

他のグレード同様に、車両価格は従来型より少し高くなり、クリオR.S.が£19,500(255万円)、220トロフィが£22,000(290万円)と予想されている。


▶海外ニュース / ルノースポール史上最速のクリオRS16を発表
▶海外ニュース / ルノー・クリオ、フェイスリフト

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×