フォルクスワーゲン・ビートル・デューン1.2 TSI

公開 : 2016.07.15 05:50  更新 : 2017.05.29 18:56

残念なのは市街地におけるスロットル・レスポンスがやや鈍い点だが、小さい排気量にターボチャージャーを組みあわせるゆえ、ある程度は我慢が必要である。

インテリアは標準のビートルと共通するところが多い。手触りと見た目はに高級感がある。外装色と同じパーツが車内のあちこちに見られ、シートやレザー・ステアリンには対照的なカラーのステッチが見られる。

またあちこちに ‘Dune’ の文字があしらわれ、何のクルマに乗っているかを忘れないで済む。ゴルフやシロッコよりもキャラクターが立ったインテリアだといえよう。

前席周辺はスペースが制限されておらず、前後左右の見晴らしもいい。またドライビング・ポジションもしっくりとくる。310ℓの荷室容量は、週末に海に遊びにいくには十分であるが、後席は2座しかなく足元や肩周辺のスペースは限られている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事