第3世代のBMW X3、最新スクープショット

公開 : 2016.12.23 04:45  更新 : 2017.06.01 00:32

2017年の登場が予定されている第3世代のBMW X3は、X3では初のハイブリッド・パワートレイン・モデルやxDrive M40i Mパフォーマンス・モデルを含みテストが繰り返されている。

第3世代のBMW X3のテスト風景を捉えることに成功した。写真のテスト・モデルは、4本出しのエグゾースト、筋肉質なマフラー、ルーフ・スポイラーなどを備え、そのエグゾースト・サウンドからストレート6を搭載していることが判る。つまり、X3の中でもハイ・パフォーマンス・モデルであるようだ。

BMWはX3Mモデルの開発を同時に行っているようだ。それは、M3にも搭載される430psを発揮する3.0ℓ直列6気筒が搭載されるモデルで、マカン・ターボやメルセデス-AMG GLC63とライバルになる。

このX3Mは、xDrive M40i Mパフォーマンスの上に位置するモデルで、登場は1年遅れの2018年になる。

また、xDrive M40i Mパフォーマンスも、X3 M同様に3.0ℓ直列6気筒が搭載されるが、そのチューンは、7シリーズでメインとなるチューニングが低いものとなる。

更に、X5 M50dに使用される380psの直列6気筒3ℓトリプル・ターボのディーゼル・エンジンのバリエーションも搭載されるようだ。

ギアボックスはZF製の9速オートマティックがメインで、幾つかの4気筒モデルには6速マニュアルも用意される。また、4気筒モデルの一部にはRWDのsDriveも用意するが、メインとなるのはあくまでも4WDのxDriveだ。

BMWの関係者は、X3のラインアップにはプラグイン・ハイブリッドのxDrive35eも追加されるだろうとコメントしている。これはX5 xDrive40eと似たシステムを採用するモデルと考えられる。

写真で見る限り、新しいX3は現行モデルのフェイスリフトと見まごうばかりに、第2世代のイメージを大きく引き継ぐものだが、リアのクォーター・ウインドーが大型化されているのが判る。また、ホイールベースも現行モデルの2810mmよりも拡大されることになる。

開発コードG01とされるこの新しいX3には、最新のインフォテインメント・システムが装備される。

また、キャビン・スペースやブート・スペースは、確実にライバルのQ5を超えるものになると思われる。

プラットフォームはスチール製のままだが、フロント、ダブルウィッシュボーン、リア、マルチリンクのサスペンションは新設計だ。このプラットフォームは、2019年に登場予定の第2世代のX4にも使用される。

新しいX3は、アメリカはサウスカロライナのスパルタンバーグ工場で、X4、X5、そして来るべきX7と共に生産が行われる予定だ。



▶ 海外ニュース / 第3世代のBMW X3のテストは佳境に
▶ 海外ニュース / 第3世代のBMW X3のMパフォーマンス・モデルをキャッチ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事