もっとも買いやすいランドローバー・ディスカバリーを検証 2.0ℓ直4ディーゼルは買い?

公開 : 2017.03.27 17:00  更新 : 2017.05.29 19:17

■「買い」か?

ランドローバーはすでに、全世界で2万台ほどのディスカバリーを受注しているという。ユーザーの多くは、慣れ親しんだ6気筒を選択するだろうし、それはそれで結構なことだ。

とはいえ4気筒でも、軽量化の恩恵もあって、これまでの3.0ℓV6ディーゼルと変わらない走りを味わえる。しかも、ガソリン・スタンドを訪れる頻度は確実に減らせる。

経済性と価格は、6気筒を積むアウディQ7のエントリー・モデルも同程度だ。

しかし、専用プラットフォームだからこそ、ディスカバリーの深淵には迫ることができるというもの。

ディスカバリー特有の資質は歴代モデルから新型へ受け継がれており、それはここ10年ほどで空前の進歩を遂げたランドローバーにおいても、特筆すべき成功に数えられる。


ランドローバー・ディスカバリー 2.0 SD4 HSE

価格 £56,995(788万円)
最高速度 195km/h
0-100km/h加速 8.3秒
燃費 15.4km/ℓ
CO2排出量 189g/km
乾燥重量 2230kg
エンジン 直列4気筒1999ccターボ・ディーゼル
最高出力 240ps/4000rpm
最大トルク 51.0kg-m/1500rpm
ギアボックス 8速オートマティック


▶ 海外初試乗 / ランドローバー・ディスカバリーはどう変わったか アウディQ7/ボルボXC90との実力差は?
▶ 国内初試乗 / アウディQ7 2.0TFSI クワトロ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ランドローバーの人気画像