ロールス・ロイス・レイス「ブラック・バッジ」 ルーマニアの旅(後編)

公開 : 2017.08.20 19:10

直線 綺麗な路面 多彩なカーブ

160kmの旅ならば、シンプルだ。直線に、綺麗な路面、多彩なカーブ、そしてこれらは全てEUによって整備され、144km/hの巡航ならば特に問題になることはないだろう。

そして、マージナと呼ばれる小さな街に到達し、全てが悪い方向へと向かい始める。

田舎道はだんだんとそれらしさをみせ始め、川に丘にそして、峡谷が出現し、険しくなった。いつのまにか、EUの待遇はなくなり、ルーマニアの典型的な道に戻った。

トラックは40km/hで走っている。右に左に揺らして走るそれらは、豪快なコーナーリングを披露するが、それは同時に正面衝突のリスクもはらむ。

90分間、64kmに渡ってこの試練に耐え、突然、デヴァに到達すると、そこはEU以外のなんでもなく、スピードは倍になり、セベシュへたどり着く。そして、シビウ、トランスファガラシャン通路への出発点である。

われわれは計画よりも少し早く到着した。そこで、南に向けて走り出すことにした。緩やかな登り坂は、険しい木々のヘアピンで急こう配になる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事