VWポロ6代目 ボディサイズ拡大 東モで展示中

公開 : 2017.10.26 12:40

VWポロ新型が、東京モーターショーで展示中。長く、ワイドになった6代目、「すべての画像をみる」から進むと、画像ギャラリー形式でご覧になれます。

東京モーターショーで見られる 新型ポロ

6代目ポロが、東京モーターショーで公開された。

欧州仕様のサイズを先代と比較すると、以下の通りに全長/全幅が拡大され、全高が低くなったことが分かる。


新型ポロ欧州仕様サイズ
・全長:4053mm(5代目+81mm)
・全幅:1751mm(5代目+63mm)
・全高:1446mm(5代目ー7mm)
・トランク容量:351ℓ(5代目+71ℓ)

MQBモジュールを初めて採用した新型ポロは、フロントとリアバンパー、ヘッドライトなどのデザイン変更によって、力強く洗練された。ホイールベースも伸びたことで室内空間も広くなっている。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『フォルクスワーゲン・ポロ』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 

人気記事