新車、中古車どっち? ジャガーF-タイプ2.0ℓ直4 vs アウディR8 4.2ℓV8 前編

公開 : 2017.12.09 10:10

新車のジャガーF-タイプ2.0ℓ直4と、中古車のアウディR8 4.2ℓV8が、5万ポンド(752万円)ほどの価格で並んでいるとしましょう。あなたなら、どちらを買いますか?

もくじ

前編
2.0ℓ直列4気筒 vs 4.2ℓV型8気筒
維持コストはジャガー有利 類似点も
まったく異なるドライブトレイン
内装 期待値の変動ゆえのR8劣勢
おまけ 4気筒エンジンについて少々

後編
ナビは当然F-タイプ 荷室容量も
F-タイプの2.0ℓ4気筒を検証
R8のV8 4000rpm以上は「一気」
直4のF-タイプ V8のR8 どっち?
おまけ 5万ポンドで選ぶその他のライバル

2.0ℓ直列4気筒 vs 4.2ℓV型8気筒

鮮やかなブルーに身を包んだこのジャガーF-タイプ・クーペ。かんたんに周りの者を引き寄せない、パフォーマンスを磨き上げたモデルのように見えるかもしれない。

しかし実際には、より多くのひとに届けるべくこの夏発売された、300ps、2.0ℓ4気筒エンジンを積み5万ポンドのプライス・タグを掲げたモデルである。

気筒当たりの価格で見ればこのクルマは、ダウンサイズ・エンジンにターボチャージャーを組み合わせて、右肩上がりのスペックと派手な吸気サウンド、人工的なエグゾーストノートで、「高性能のためのダウンサイズ」という新たな常識を作ってきた新世代モデルたちの中でも最も目立つ存在だろう。

しかし、同じ金額で倍のシリンダー数をもつ優れたユーズド・パフォーマンスカーが購入できるとすれば、魅力的な話ではないだろうか。

そして、そんな1台が新車に近いコンディションを持つアウディR8だとすればどうだろう。

430psを発する2011年モデルのR8 V8 4.2がイーストボーンでサイモン・アボットが経営する名高いディーラーで、今なら5万950ポンドで売りに出されているのだ。これは最も安価な2.0ℓのF-タイプ(5万795ポンド)とほぼ同じ金額であり、われわれが今回借り出したR-Dynamic仕様(5万4495ポンド)よりもわずかばかり安い。

すぐにでもお店に電話をするのもありだが、しかし、まだ結論を出すには早すぎる。この先もこの記事を読んでいただけるリベラル派のクルマ好きの皆さんには、これから真剣勝負をご覧いただこう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×