アウディR8 vs マクラーレン570S vs 911ターボS vs アストンV12 S

公開 : 2015.12.12 23:50  更新 : 2017.05.29 19:30

現実的な道路、現実的なコンディション。アウディR8 V10プラスとマクラーレン570Sは、ポルシェやアストンが築きあげた牙城を崩すことができるのだろうか?

月曜 12:26am : M4を西に向かう

アストン・マーティンV12ヴァンテージSとともにセヴァーン橋を西方向に向かっている。ラジオからは天気予報士の声が聞こえる。予報士は、強風によって折れた木々のことや冠水した道のことを語っている。ウェールズの南の天気はさらに悪化するという。いいじゃないか。

フォトグラファーのレイシーがこのラジオを聞いていたとしたら、ブツブツと文句を言いながら耐水性のズボンに履き替えるだろうけれど、私は気にしない。田園詩のようなコンディションよりもつるつるとすべる悪条件こそ、クルマの真の能力を見極められると思っているからだ。

激しさを増していく嵐にも負けぬくらいのスーパースポーツとともに向かうのは、ロンザの谷。天気にも場所にもビクともしそうにないのは、エブリディ・スーパーカーのポルシェ911ターボSだろう。

これをアストン マーティンや最新のアウディ、マクラーレンがどのように苦しめるのかが今から楽しみでならない。R8 V10プラスやマクラーレン570Sが思いのほか洗練されているために様々なリップ・サービスを目にするが、果たして超プラグマティックなポルシェをビビらせるほどなのだろうか?

あいかわらず上空にはぶ厚い雲が垂れこめているが、ステージの初段階で、ゆっくりとではあるがひとつのことが明らかになりつつある。それは4台のうち、もっとも優秀なクルマがこのコンテストで勝つというわけではないという点だ。

996世代の911ターボが出て以来、優れたスポーツカーにさえ ’乗り心地がいい’ だの ‘使い勝手がいい’ などのおべっかを目にするが、この手のクルマにとって大事なのは ―あるいはAUTOCARが重要視するのは― 精緻なハンドリングとドライバー主体のドライブ感覚、そしてほかが真似できないドラマティックなキャラクターだ。

アストン マーティンV12ヴァンテージSは自然吸気エンジンゆえ中回転域のトルクを得意としない。それに4台中もっともヘビーだ。2WDだし、6.0ℓもの大排気量エンジンをいまだに搭載している(時代柄、もうそういっていいだろう)。

関連テーマ

 
最新試乗記