ベントレー・ベンテイガW12 2018年パイクスピーク参戦

公開 : 2018.01.19 17:10  更新 : 2018.01.19 17:45

ベントレー・ベンテイガW12 2018年パイクスピーク参戦

6/24開催 エキシビジョン・クラスにエントリー

ベンテイガは、エアサスペンションを制御するアクティブ・アンチロールシステムを搭載。これによりハイスピード走行時にもボディロールを極力抑えた走りを実現する。このシステムは、同じフォルクスワーゲン・グループのランボルギーニ・ウラカンにも採用されるものだ。

今年のパイクスピークは6月24日に開催され、ベンテイガは「エキシビジョン・クラス」にエントリーする見込みである。同クラスはダッジ・バイパー、1949年式フォードF1(ピックアップ・トラック)が登場予定。

ベントレー・ベンテイガW12 2018年パイクスピーク参戦

なお、市販型ベンテイガW12モデルのスペックは、

・エンジン:6.0ℓW12ツインターボ
・最高出力:608ps/6000rpm
・最大トルク:91.8kg-m/1350-4500rpm

となっている。

参戦マシンのスペック詳細は3月に公開される見込みだ。

関連テーマ