ポルシェ、新EVとして「ミッションEクロス・ツーリスモ」投入 ジュネーブ

公開 : 2018.03.06 18:07  更新 : 2018.03.06 18:53

ポルシェの新世代EVの第1弾はSUVでした。その名は「ミッションEクロス・ツーリスモ」。0-100km/hタイムは3.5秒。最高速度は250km/h。航続距離は100km/hです。モーターは前後にふたつ、合計で609psと91.7kg-mを発揮します。

ミッションEクロス・ツーリスモ 初のEV

ポルシェはフルエレクトリックのコンセプトをジュネーブモーターショー2018にて公開した。名前は「ミッションEクロス・ツーリスモ」。サプライズ登場だった。

同社の最初のEVとしてサプライズ登場したこれは、来年に投入予定とされる。今はコンセプト用の意匠であるが、発売時には、より大きな荷室とオフロードの走破性を兼ね備えるとのことである。

ポルシェのCEO、オリバー・ブルーメはこのクルマについて「ミッションEのはじまりです」としたうえで「オフロードの走行を想起させるパナメーラ・スポーツツーリスモ」という表現をした。

0-100km/hタイムは3.5秒。最高速度は250km/h。航続距離は500kmとうたう。

さらなる詳細情報は明かされなかったが、モーターは前後にふたつ、合計で609psと91.7kg-mを発揮する。フロア下にはリチウムイオンバッテリーが敷き詰められる。

パワー配分はリア偏重で、ハンドリング重視。トルクベクトリングを組みあわせる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事