フィアット 欧州市場再構築へ 500が中核もティーポとミトは整理対象

公開 : 2018.03.08 11:50

ティーポとミトは風前の灯 ジープには満足

「しかし、フィアット・ティーポに関しては、セールスは好調で利益ももたらしてくれてはいますが、個人的にはあまり魅力的ではありません。ティーポが属する市場にはライバルが多く、それほど利益率が高いわけでもないからです。伝統的にフィアットはこの市場に注力してきましたが、そろそろ考えを改めるべきかも知れません。もしかしたら欧州よりもラテンアメリカの方がブランドにとっては好ましい市場かもしれないのです」

来る6月1日、マルキオンネはFCAグループに関する彼の計画概要を投資家向けに説明する予定だ。そこでマルキオンネとFCAのマネージメント・チームによって、2018年から2022年までの中期計画が明かされることになる。

さらに、この場ではアルファ・ロメオ・ミトの将来についても何らかの言及があるだろう。ここ数年、このモデル末期のエントリーモデルの販売は落ち込んでおり、マルキオンネは「モデルチェンジの可能性とともに、モデル自体の廃止も検討する必要があります。実用性の低い2ドア・ハッチバックというのは市場が求めるモデルではないのです」と話している。

また、最近マルキオンネは欧州におけるジープ・ブランドの状況について「残念」だと表現しつつ、さらに「これ以上放置するわけにはいかない」とも話していた。しかし、ジュネーブでは、過去2カ月で売上が40%増えているとして、「誰かがわたしの発言を聞いていたのかも知れませんね。2カ月ごとに売上が40%ずつ増えてくれれば、もちろん満足です。今のジープはよくやっています」と語っている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事