新型ロールス・ロイス・ファントム試乗 類を見ない高級感と高品質 不動の最高峰

公開 : 2018.03.28 11:40


どんな感じ?

居心地が悪く感じるほどの静寂

われわれがクルマを評価するなかで、「魂に響く」といった感覚を語るとき、内燃機関が発する音質を軸のひとつとする場合が多い。また満足できるシャシーの身のこなしを得ているかどうか、充分な経験にもとづいて評価することも重要な要素となる。そしてクルマへ地道に改良を加えて、優れた水準にまで高めていくことは困難な作業だと思うが、それを目の当たりにする機会は少ない。

このファントムこそ、特別な世界観で、それらを満たした存在だ。

ツインターボを搭載したV12エンジンは、目覚めていることに気づかないほど静かに、650rpmという低回転でアイドリングをする。

クルマに乗り込んだら、ボタンを押せばドアが閉まり、外界から遮断される。一般的なドアハンドルが備わっていないのだ。

8代目のファントムへと乗り込むと、信じられないほどの静けさで居心地が悪く感じてしまうほど。まるで、目的地へ向かう列車にちゃんと乗っているのか、向かいのホームを出発する列車と間違って取り残されたのか、不安にかられるように。

スロットルレスポンスは少し緩慢に感じられるかもしれないが、許せてしまう範囲だろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×