新型ロールス・ロイス・ファントム試乗 類を見ない高級感と高品質 不動の最高峰

公開 : 2018.03.28 11:40


流麗さを増したスタイリングと、充実の機能

ファントムのスタイリングは全体的に柔らかみを帯びたデザインとなり、緊張感が漂うハンドポリッシュのパンテオングリルは、さらに大型化された。滑らかさを増したボディ全体のデザインにも、より自然に調和しているように感じられる。その先端に羽ばたく女神、スピリット・オブ・エクスタシーは、先代よりも路面から15mmほど高い位置に備え付けられている。

サスペンションは、物理的な入力だけでなく、フロントウインドウに搭載されたカメラで路面を解析し、1秒間に100万回もの計算による制御にも応じて動作する。8速ATは衛生からのデータを用いて予測的に変速に備え、大径タイヤの内側にはロードノイズを抑えるためにスポンジ層が付け加えてある。

クルマ1台に対して40万ポンド(6000万円)も支払うのだから、これくらいの機能は盛り込まれていても然るべき、とも思えるけれど。

このフラグシップモデルにはすでに海外で試乗済みで、ロールス・ロイスが目指したという極めて高い乗り心地品質を、実際に英国の道で確かめることを心待ちにしていた。

その仕上がりはどれほどなのか、実際の走りで確かめてみよう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×