ロータス3イレブン430 限定20台 パワー/ダウンフォース増強 ロータス市販車史上最速

公開 : 2018.04.05 15:40  更新 : 2018.04.05 16:00


最大の進化は44kg増加のダウンフォース

この430が標準の3イレブンやその他のモデルと大きく異なる点は、空力性能にある。エンドプレートが新しくなったリアウィングは、従来よりも50mm高い位置に装着され、フロントスプリッターのデザインもよりアグレッシブなものに生まれ変わった。

その結果、290km/h時のダウンフォースは最大で265kgと、44kg増加している。

大部分のロードカーが高速域ではダウンフォースではなく、クルマを浮かせようとするリフトフォースが大きくなる傾向にあるなかで、車重の25%ものダウンフォースを発生させたことは評価に値すると思う。

コーナリング時の遠心力として最大1.5Gまで耐えられるというロータスの主張を試すには、へセル・テストコースが最適な場所となる。ここには高速コーナーから低速コーナー、比較的安全なコーナーから、極めて恐ろしいコーナーまで存在する。まさに3イレブンが輝く場所だと言える。

なにしろ、ヒーターやルーフ、フロントガラスまでも備わらないのだ。サーキット最優先としている以外、考えられない。

しかし、われわれがこの3イレブンをテストした日、へセル・テストコースが位置するノーフォークは、緯度がずっと北のノルディック(北欧)のように寒かった。さらにコースは濡れており、一部は凍結状態。ドライコンディションでのハンドリング限界を見極める機会は得られなかった。

いや、正直に言うと、テストドライブというよりも、サバイバルドライブといった様相で、3イレブンを理想的な状態で確かめる内容からはかけ離れていたと思う。

それでも、この機会を楽しまなければもったいない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事