ロータス3イレブン430 限定20台 パワー/ダウンフォース増強 ロータス市販車史上最速

公開 : 2018.04.05 15:40  更新 : 2018.04.05 16:00

まだ誕生から3年目となるロータス3イレブンですが、この20台限定の430をもって生産終了となるようです。フィナーレを飾るべく、エンジンやブレーキにも手が加えられていますが、最大の進化は空力。その仕上がりを、ロータスのへセル・テストコースにて確認しました。

もくじ

どんなクルマ?
誕生から3年目の、ファイナルモデル
最大の進化は44kg増加のダウンフォース

どんな感じ?
ひたすらドライビングに集中できる
不足ないパワーと快音、そしてスピード
サーキットのそばに住みたくなる

「買い」か?
深い記憶に刻まれるクルマ

スペック
ロータス3イレブン430のスペック

どんなクルマ?

誕生から3年目の、ファイナルモデル

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでデビューしたのが2015年だから、ロータス3イレブンは誕生してまだ3年目。そして、まもなく生産の終了を迎えてしまう。フィナーレに向けてロータスが発表したのが、これまでで最高の仕上がりを得た、ロータス3イレブン430となる。

最近のロータスが付けるモデル名のルールを理解していれば、3イレブン430の意味はすぐにピンとくるだろう。そうでなくても、エキシージやエヴォーラにも430という数字があてがわれていることには気付くはず。それぞれ、最高出力430psを発生させる、トヨタ製のスーパーチャージド3.5ℓ V6エンジンが搭載されており、各モデルの最速仕様となる。

さらにこの3イレブンの場合は、ロータスが生み出してきた市販車の中で最速のモデルとなる。何しろ、自社のへセル・テストコースでのラップタイムは1分24秒で、つい最近エキシージが記録したラップタイムよりも1秒も速く周回できるのだ。

エンジンの最大トルクが41.6kg-mから44.8kg-mへと増加したのは、クルマの紹介の序章に過ぎない。また、軽量化に関しても、ブレーキとホイールの見直しによる5kgの減量に留まっており、さほど大きな進化とは言えなさそう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記