回顧録 アストン マーティンV8 ヴァンテージ vs アウディR8 後編

公開 : 2018.04.15 18:10

超高速域での安心感

残されている唯一の問題点は、ステアリングを切ってクルマが向きを変え始める、まさにその瞬間にある。アウトバーン上を英国の速度制限の倍を超えるスピードで走っていて感じたように、横方向への加速度を発生させる能力そのものではなく、ドライバーに確信を与えることができないところに問題があるのだ。

通常、ターンインのときにはわずかなアンダーステアを示すのが望ましい特性なのだが、それは決して“わずか”を超えるものであってはならない。しかしこのクルマはそうではない。したがってノーズを意図したラインに乗せるのがむずかしく、扱いづらく感じてしまう。

アストンにとってなにより不幸なのは、いちばん苦手にしているこの分野で、R8は超絶的に卓越しているという皮肉だ。R8のノーズの扱いやすさはどのスーパーカーとも異なっている。私の知る限り、比較できるとしたらフェラーリF430しかない。意図したところにそのまま走っていくという、ただそれだけなのだ。実にシンプルで速く、そして正確そのものである。しかも、フェラーリでハイスピードのコーナリングをスロットル全開でこなそうと思ったらそれなりの腕前が必要とされるが、R8なら平然と走り抜けられる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事