回顧録 アストン マーティンV8 ヴァンテージ vs アウディR8 後編

公開 : 2018.04.15 18:10

走るために選ぶならアウディ

確かに客観的な実力からすれば、ヴァンテージはR8にはかなわないかもしれない。しかしR8よりはるかに特別なクルマだと感じてしまうのはそれでも止められない。歴史上のすべてのアストンと同様に、緊密感を持てる、世話をしたくなる、そして大事にしたくなるクルマである。しかも今回は、アウディのように想像を絶する水準ではないにせよ、このクラスでしっかり互角に戦える実力を備えたクルマに仕上がっている。いかなる尺度で考えても、これは立派な達成である。

しかし、やはり私としては、軍配を上げるのはR8のほうにしたい。理由はこうだ。

一本の立派な、そしてがらがらに空いた道路が目の前にあって、勝負がかかっている局面だ。2本のキーがあり、すぐにどちらかを選ばなければならないとしよう。アストンの魅力的なルックスには後ろ髪を引かれるだろうが、とにかく走らねばならないとなったら選ぶべきはアウディだ。フル加速して最初のコーナーに差し掛かり、そこでステアリングを軽く切った瞬間、その選択が間違っていなかったことがわかる。このような種類のクルマでは、それこそがなにより重要なのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×