ダッジ・バイパー、2020年に復活か 550ps級の自然吸気V8搭載

公開 : 2018.05.29 11:10

当初はコンバーチブルのみ

この新型バイパーは最初コンバーチブルとしてデビューし、後からクーペ版が追加される見込みだ。さらにその後、2016年のハードコア版であるACRのような700ps級のグレードも登場するだろう。モータースポーツ仕様の追加により、ダッジのGT3への復帰も期待できる。

バイパーの英国への正規導入は期待できないが、業者を通じて少量が輸入されることは確かだろう。米国での価格はライバルとの兼ね合いを考えると9万ドル(985万円)程度になると予想される。

シボレーコルベットがミドエンジンに変更されることから、バイパーはこの市場でより独自の立ち位置を手に入れることになる。純粋主義者にとっては、バイパーがマニュアル・ギアボックスを採用する可能性が高いことも歓迎に値するだろう。

FCAグループのセルジオ・マルキオンネCEOの合理主義を考えると、バイパーのような利益率の低いモデルの復活は意外な決断だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×