メルセデス電動「EQ」シリーズに「EQS」予想 CLS似の外観か

公開 : 2018.09.13 20:10

メルセデス・ベンツの電動ブランド「EQ」に、「EQS」なるモデルが投入されると予想しています。その名のとおり、Sクラス級のサイズで、「EQS」「EQC」「EQA」が確実視されています。外観はCLSとほぼ同じで、前後に伸びやかなデザインになるでしょう。

もくじ

電動EQシリーズに「EQS」
EQS、どのような姿に?

電動EQシリーズに「EQS」

むこう7年、130種の電動車を投入するために、100億ユーロ(1兆2955億円)の出資を行っている。

ラグジュアリー・サルーンにあたる「EQS」の投入も十分に考えられる。

純粋なEVのみならず、MHV/PHEV/FCVも、この膨大なプロジェクトの一環として進められ、MHV=EQブースト/PHEV=EQパワー/EV=EQといった棲み分けになると考えられる。

つい先日、SUVのEQCが投入されたほか、先述のEQS、さらにハッチバックのEQA(フランクフルト2017でプレビュー)など、ボディタイプは多岐にわたるはずだ。

EQS/EQAは2020年内に投入されると見られ、前者はつい最近、シュトゥットガルトのヘッドクオーター付近でプロトタイプが目撃されている。

前後アクスルに設置されたふたつのモーターによって駆動力が生み出され、最高出力は400ps以上、最大トルクは78kg-mほどと予想される。

関連テーマ

人気テーマ