シェルビー・アメリカン社長 一問一答 若者への訴求、将来について

公開 : 2018.12.27 11:50  更新 : 2018.12.27 11:50

キャロル・シェルビー有限会社社長ゲイリー・パターソンがAUTOCARの取材に応じ、英国における事業計画を語ってくれました。新旧モデルの魅力の融合、そしてフォードの性能主導型チューナーとしての展望です。

もくじ

英国での事業計画 シェルビーの特徴
若年層へのアピール シェルビーの将来

英国での事業計画 シェルビーの特徴

――今後の英国での事業計画は?

「まだまだ商機は見こんでいます。シェルビーという名前に心躍るひとびとも多いお国柄ですからね」

「マスタング・ブリットも好評でむかえられましたし、V8スペシャリティカーとしてのマスタングには根強い支持がありますね」

――いまのシェルビー車の特徴は?

「バランスのとれた高性能、つまり直線加速とハンドリングそしてブレーキングの高次元での調和ですね」

「また2007年のマスタング・スーパースネークから、特徴的なフロントマスク/ボンネット/ホイール/ボディストライプなどでシェルビーの性格をアピールしてきました。50m離れていてもシェルビーだと、おわかりいただけると思います」

「ラウシュとかサリーンなど、マスタングを扱うチューナーはたくさんありますが、われわれのクルマはたんにボディにステッカーを貼ったり大穴をあけただけではなくて、中味もひじょうに濃いことを広く知っていただきたいですね」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事