ボルボS60 vs アルファ・ジュリア vs キア・スティンガー vs プジョー508 比較試乗 ドイツ御三家以外の選択肢を探る

公開 : 2019.06.15 09:50  更新 : 2021.03.05 21:36

快適なキャビン 変わる指標

だが、S60でそんな心配は無用だ。これまでもボルボは、より高級感のあるキャビンを作り続けてきたのであり、確かにボルボはどれも同じように見えるかも知れないが、いずれのモデルも、プレミアムな製品だと評価されており、少なくとも、S60とボルボ製SUVの間には、多少の違いを感じることができる。

XC40のインテリアが活気に溢れる一方、S60のそれはより寛いだ雰囲気だ。この2台に共通するのは、素晴らしい質感のメタルパーツとソフトタッチの樹脂素材、そして大ぶりなシートであり、タッチスクリーンを多用していることを除けば、上品で非常に整然としたS60のキャビンは、まるで自宅にいるかのような居心地の良さを感じさせる要素が横溢している。

いまもキアはプレミアムな雰囲気を獲得するための努力を続けており、依然として、その試みがすべて成功しているわけではないが、だからと言って、完全に失敗しているわけでもない。スティンガーのキャビンの質感はS60には劣るものの、それでも、柔らかなタッチや、薄く用いられたメタル素材が見事な雰囲気を創り出している。


さらに、キアのキャビンは広大な空間となっており、今回集まった4台いずれもリアには十分なスペースを確保しているものの、ハッチバックボディを持つキアとプジョーには、ボルボとアルファを上回るアドバンテージが備わっている。

4台のなかで、もっともボディサイズが小さいジュリアが、リアスペースとトランク容量でも最小にスペースも最小に留まっている。そして、このボディサイズの違いが、路上での違いをもたらすことになるだろう。

S60は、ボルボの大型モデル向けプラットフォームをベースとしており、アグレッシブなエクステリアを与えられてはいるものの、その走りは外観から受ける印象とは異なる。ご存知かも知れないが、ボルボでは近い将来、最高速度を180km/hに制限する予定であり、彼らにとってダイナミクス性能やラップタイムは、さほど重要な指標ではなくなっているのだ。それも良いだろう。

それでも、やや驚きだったのは、少なくともこのS60では、まだボルボはそうした傾向を見せていないことであり、低速における良好な乗り心地を優先したスタンダードモデルに比べ、このクルマには1インチだけ大径のホイールが与えられていた。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記