ボルボS60 vs アルファ・ジュリア vs キア・スティンガー vs プジョー508 比較試乗 ドイツ御三家以外の選択肢を探る

公開 : 2019.06.15 09:50  更新 : 2021.03.05 21:36

番外編:過去の革新モデル

アルファ・ロメオ159


現行ジュリアにとっては先代モデルとなる159は、セクシーなアルファ製サルーンとしては欠くことのできない存在だ。このクルマが発売された時、家族を乗せるためのクルマが必要な世界中のクルマ好きが歓喜の涙を流している。ボディ全体からセクシーさを感じさせるこの実用サルーンは、運転しても素晴らしかった。

ジャガーXE


このコンパクト且つ、素晴らしいルックスをしたXEが登場したとき、世界中がジャガーを愛する理由が理解できたに違いない。運転しても強い印象を残すこのクルマのステアリングは、まさにジャガーに期待するとおりのものだったが、後席はそれほど居心地の良い空間ではなかった・・・

ホンダアコード・タイプR


さして特徴のないアコードは、確かに堅実な選択ではあったものの、ホンダが2.2ℓVTECエンジンと、クイックなステアリング、強化サスペンション、さらには、見事なルックスをしたホワイトのアルミホイールを与えるまでは、驚くほど退屈な存在でもあった。タイプR登場以降、このクルマにはありきたりな称賛では物足りない。

フォード・モンデオST220


万能モデルであったモンデオに対する、単なる優れた実用品という評価は、226psを発揮する3.0ℓV6を積んで、0-97km/h加速を6.6秒でこなすSTの登場によって、完全に覆されることとなった。燃費は褒められたものではなかったが、すばらしく運転の楽しいモデルだった。

ボルボS60


生真面目で四角いボルボに慣れ親しんだわれわれの目の前に、2001年、上級モデルのS80に倣った滑らかなデザインを纏ったこのS60が登場すると、世界は歓喜に包まれた。ボルボは自らの力で変わることに成功したのであり、いまや、スポーティな印象を与える一連のモデルには、ある種の美しさまで備わっている。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記