次期BMW M2は「FR」をキープ グランクーペとは異なるアーキテクチャ採用

公開 : 2019.10.31 17:05  更新 : 2019.11.01 07:55

FFのBMW 2シリーズ・グランクーペが登場しましたが、開発が進む次期2シリーズ・クーペには異なるアーキテクチャを採用するとBMW関係者が述べています。FRレイアウトを存続し、M2も用意される見込みです。

もくじ

グランクーペとは異なるアーキテクチャ
ハードコアなコンパクトBMWを望む人のため

グランクーペとは異なるアーキテクチャ

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
BMWの製品マネージャーによれば、2シリーズのクーペはフロントエンジン・リアドライブのFRを採用するという。高性能モデルのM2も存続するそうだ。

最近発表された2シリーズのグランクーペは前輪駆動のUKLプラットフォームを採用している。しかし、2シリーズの製品マネージャーを務めるゲルノット・シュトゥールは、次期2シリーズ・クーペに同様の変更はないと話す。「次世代の2シリーズには、(グランクーペとは)異なるアーキテクチャを用います」

BMW 2シリーズ・グランクーペ
BMW 2シリーズ・グランクーペ

市場調査の結果、1シリーズを選択しなかったドライバーの多くが、前輪駆動が理由だったという。次期2ドアクーペにとってFRは、ストロングポイントとなるということ。2014年に登場した2ドアクーペは後輪駆動だ。

2シリーズ・グランクーペでは306psの4輪駆動、M235i Mパフォーマンスがフラグシップとなっている。M135iと同じ2.0L 4気筒ツインターボエンジンを搭載するが、グランクーペに本当の「Mモデル」をラインナップする計画はないとのこと。ドライビング・ダイナミクスでの不足はほぼないと判断しているようだ。

ハードコアなコンパクトBMWを望む人のため

一方で、新しい2シリーズ・クーペにも「ハードコアなBMW M2を望む人はまだいます」 と述べている。技術的な詳細には触れなかったものの、「306psを超えるコンパクトカーが欲しいお客様のためにも、BMWのモデルレンジから選んでいただけるようにします」 と付け加えた。

クーペとグランクーペとで異なるプラットフォームと駆動システムを採用することで、2シリーズはBMWで最も多様なラインナップを抱えることになりそうだ。

BMW M2(現行型)
BMW M2(現行型)

2シリーズにはMPVのアクティブツアラーも存在し、次期モデルは2020年の発売が見込まれている。7シーターの2シリーズ・グランツアラーは、SUVモデルとの重複により廃止される。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事