プラグインハイブリッドSUV対決 アウディQ5 vs ボルボXC60 勝因は高い完成度 後編

公開 : 2019.11.24 16:50

各車のスペック

アウディQ5 55 TFSIe Sライン・コンペティション

価格:5万4900ポンド(768万円)
エンジン:1984cc直列4気筒ターボ+電気モーター
パワー:367ps(トータルシステム出力)
トルク:51.0kg-m(トータルシステム出力)
ギアボックス:7速デュアルクラッチオートマティック
乾燥重量:2030kg
0-100km/h加速:5.3秒
最高速:238km/h
燃費性能:41.7km/L
CO2排出量:56g/km
EV航続可能距離:42km

ボルボXC60 T8 ツインエンジン Rデザイン・プロAWD

価格:6万415ポンド(846万円)
エンジン:1969cc直列4気筒ターボ+電気モーター
パワー:317ps(ガソリンエンジン)+88ps(電気モーター)
トルク:32..4kg-m(ガソリンエンジン)+24.5kg-m(電気モーター)
ギアボックス:8速オートマティック
乾燥重量:2090kg
0-100km/h加速:5.4秒
最高速:230km/h
燃費性能:38.4km/L
CO2排出量:59g/km
EV航続可能距離:47km

1位:アウディの高い洗練を感じさせるメカニカルコンポーネントと確かなダイナミクス性能が勝利の要因だ。さらに、ボルボよりもはるかに手ごろな価格も忘れるわけにはいかない。 2位:見事なルックスをした印象的なモデルだが、Q5では全体的に感じられる洗練が欠けていた。さらに価格も高い。
1位:アウディの高い洗練を感じさせるメカニカルコンポーネントと確かなダイナミクス性能が勝利の要因だ。さらに、ボルボよりもはるかに手ごろな価格も忘れるわけにはいかない。 2位:見事なルックスをした印象的なモデルだが、Q5では全体的に感じられる洗練が欠けていた。さらに価格も高い。

番外編:カンパニーカーの節税対策

カンパニーカーに掛かる税金を調べてみれば、プラグインハイブリッドがもたらす恩恵のひとつは明らかだろう。

課税額の算出根拠のひとつがCO2排出量であり、加えてカンパニーカーを使用するドライバーの所得税と英国歳入関税庁における車両評価額で税額が計算されることになる。

フル充電状態でのアウディは47kmのEV航続距離を確保している。
フル充電状態でのアウディは47kmのEV航続距離を確保している。

つまりほとんどCO2を排出しなければ、その分だけ税金を抑えることができるということだ。

現在、旧NEDC排ガステストが車両の排出ガスクラスを決めるのに使用されているが、2020年4月6日をもって、より新しく厳格なWLTPテスト方式へと変更される予定となっている。

40%の所得税を支払っている場合、Q5をカンパニーカーとして使用した時の初年度の税額は3467.84ポンド(48万5000円)、XC60の場合は4529.60ポンド(63万4000円)となる。

ちなみに、車両価格4万1555ポンド(582万円)で240psを発揮するディーゼルエンジンを積んだフォルクスワーゲンティグアンRライン・テックであれば、税額は6015.46ポンド(84万2000円)だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ボルボの人気画像