最新G20型3シリーズ BMW 320dツーリング Mスポーツに試乗 ほぼ満点と呼べる

公開 : 2019.11.06 09:50

荷室は増えても減点要素は殆どない

操縦性の良さは基本的にサルーンと同一。かなりのタイトコーナーで、わずかにステアリングの精度に陰りがある程度。理想の3シリーズに期待する水準には届いていないとしても、充分に運転にのめり込める身のこなしを得ている。

どんな速度域でも、自信を持ってクルマを操れるはずだ。運動性能で直接ライバルに並ぶことができる同カテゴリーのクルマは、かなり限定されるだろう。

BMW 3シリーズ 320dツーリング xドライブ Mスポーツ
BMW 3シリーズ 320dツーリング xドライブ Mスポーツ

一方で快適性には若干の犠牲もある。引き締められたサスペンションとランフラットタイヤの組み合わせで、乗り心地は硬め。基本的に上質さを欠いた印象は受けないものの、地方道の舗装が悪い区間では、やや一般受けしない乗り心地を味わう場面もあるかもしれない。だが長距離移動をためらう程ではない。

経済性や荷室容量を確保しつつ、運転を楽しみたいと考えるドライバーは多いはず。BMW 320dツーリングは、同等の荷室容量を備えるSUVや、直接のライバルとなるようなステーションワゴンと比較しても、優れた中身を得ている。

われわれのロードテストでは、4ドアサルーンのBMW 3シリーズは満点を獲得する高評価を得た。320dツーリングは、ステーションワゴン・ボディでより高い実用性を獲得しつつ、失ったと思える部分は殆どない。ほぼ満点と呼べるクルマだといって良い。

BMW 3シリーズ 320dツーリング xドライブ Mスポーツのスペック

価格:5万555ポンド(687万円)
全長:4709mm
全幅:1827mm
全高:1435mm
最高速度:225km/h
0-100km/h加速:7.4秒
燃費:17.5−18.2km/L
CO2排出量:121−124g/km
乾燥重量:1715kg
パワートレイン:直列4気筒1993ccツイン・ターボチャージャー
使用燃料:軽油
最高出力:190ps/4000rpm
最大トルク:40.7kg-m/1750−2750rpm
ギアボックス:8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記