【意外?】もとは軍事/航空技術 クルマの世界に影響を与えた発明 9選

公開 : 2020.02.15 05:50

ヒーテッド・ウィンドスクリーン

導電性コーティングで覆われたガラス板に電流を流すことで、ガラスを加熱する機能のことを言う。

低温や高地でフロントガラスの凍結を防ぐため、第二次世界大戦中の航空機で広く使われていた。

フォード・グラナダ(写真上)とフォード・トーラス(写真下)
フォード・グラナダ(写真上)とフォード・トーラス(写真下)

戦後、安価で製造できるようになったため、冬のクルマのフロントガラスの除氷への利用が検討されるようになった。

フォードが初めてこのシステムを採用し、1974年のアメリカ国内のさまざまなモデルに使われたが、信頼性は低かった。

1985年、ヨーロッパ向けフォード・グラナダ(写真上)とフォード・トーラス(写真下)およびマーキュリー・セーブルに、より技術の高いヒーテッド・ウィンドスクリーンが採用された。

現在ではフォードの定番となっており、他の多くのメーカーでも採用されている。

チタン

素材としてのチタンは、非常に強く、軽く、腐食に強く、航空宇宙産業に最適とされている。

機体の92%がチタンで作られていた、アメリカのロッキード社製SR-71「ブラックバード」偵察機(写真)は、皮肉にもそのほとんどのチタンがロシアから調達されていた。

クルマで使われているチタン

アメリカのロッキード社製SR-71「ブラックバード」偵察機
アメリカのロッキード社製SR-71「ブラックバード」偵察機

チタンの利点はクルマにも当てはまるが、コストが高いため、通常の量産モデルには使用されていない。

チタン排気システムを搭載したコルベットC7などの、プレミアムスポーツカーやスーパーカーに採用されている。

2015年、世界初のフルチタン・スーパーカー、ICONAヴルカノが210万ポンド(3億円)で発表された。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事