【意外?】もとは軍事/航空技術 クルマの世界に影響を与えた発明 9選

公開 : 2020.02.15 05:50

V8エンジン

1902年にフランスの先駆者レオン・ルヴァヴァッスール(1863-1922)によって発明された最初のV8エンジンは、カナード機に取り付けられ、その後、第一次世界大戦中に戦闘機に搭載された。

V8エンジンは当初、プロジェクトの財政支援者の娘にちなんで「アントワネット」と呼ばれていた。

クルマに搭載されているV8エンジン

V8エンジン
V8エンジン

V8エンジンの発明なくしてクルマの歴史は語れないだろう。

今日の小型化時代でも、多くの人気のあるスポーツカーに搭載されている。

アメリカでは依然として人気が高く、ピックアップ、SUV、およびダッジ・チャレンジャーSRTのようなマッスルカーで採用されている。

レーダー

このテクノロジーは英語のRAdio Detection And Ranging(電波探知測距)を略してレーダー(Rader)と呼ばれるようになった。

1930年代、空爆を恐れる多くの国々で、他の国に知られないよう秘密裏に開発された。

チェーンホーム・レーダーシステム
チェーンホーム・レーダーシステム

レーダーは、爆撃機への攻撃をいち早く察知することで、戦いをより公平なものにすることができた。

1940年の英国空中戦で、イギリスがドイツ空軍に対して使用した、チェーンホーム・レーダーシステム(写真)が最初の成功例とされている。

クルマに使われているレーダー

レーダーのクルマへの使用は、1982年、トヨタがコロナにバックソナーを取り付けたのが始まりだ。

1998年、メルセデス・ベンツはレーダー技術をW220 Sクラスに使用し、量産車で利用可能なアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を世界に紹介した。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事